ホーム > 札幌北支部概要 > 各部の紹介

各部の紹介

総務部

総務部は、支部活動が円滑な運営がされるよう各種会合の設定や、他の専門部の所掌になじまないものに対応する役割を担っています。支部活動の課題の整理や将来に向けた支部活動の立案も総務部が所掌となっています。

具体的には、総会、役員会、常務役員会、部長会議、部会長会議、成年会員(50歳以下)懇談会、女性会員懇談会その他諸会議に関する事項。会員相互の親睦を深めるための活動。北海道税理士会及び札幌他支部との連絡や協議に関する事項。関係諸団体との交流・連携に関する事項等があります。
また、創業塾開催やこのホームページの運営に関しても総務部が担当しています。

経理部

経理部は、会員から集められた会費が、必要な支部活動に適正に支出されているかどうか内容の確認と検討を行っています。
また、予算を作成する際には、支部の維持及び継続のための長期的な視点と支部活動を活性化させるための短期的な視点から検討をしています。

税理士会として、地域社会に貢献できる活動については積極的に予算配分が出来るよう検討していきます。

綱紀監察部

綱紀監察部は、税理士が社会公共的役割を担っていることから、税理士が税理士法や北海道税理士会会則及び綱紀規則等を遵守されるよう働きかけ、税理士の品位保持に努めております。
また、税理士でない者の税理士行為の調査及び排除についても所掌となっております。

調査指導部

調査指導部は、税理士会員に対する研修と三税(国税・道税・市税)との連絡協議が主な業務となります。

研修については、税理士の資質を高めるような内容を企画し運営しております。

研修義務化に伴い一事業年度中に36時間以上の研修受講の周知を図り、充実した研修運営に取組んでいるところです。

三税との連絡協議につきましては、広く税理士会員から三税に対する要望事項等を収集しています。

その要望事項等を三税と協議した結果を、会員に文書若しくは会合時において周知しているところです。

顧問税理士のいる納税者の皆様につきましては、要望・意見等が間接的に、その税理士を通じ、三税に対して提案されることになります。

このように、税務行政円滑化に向けた活動を担うことから、一般の納税者の皆様とも多少関係がある部署ともいえるでしょう。

税務支援対策部

税務支援対策部は、税理士法の規定を踏まえ、税理士の社会公共的使命による社会貢献事業を実施し、広く国民に税理士制度に対する理解を深めるための活動を行っています。

税務支援は、税務援助及び税務指導の総称であり、次の3事業から構成され各種事業を実施しています。

  1. 《独自事業》
     支部独自事業として確定申告期の「有料申告相談会」「事務所型・電話型無料相談」等
  2. 《受託事業》
     国税局受託事業として「個別指導方式による記帳指導」「各種説明会」及び
    「確定申告期の無料税務相談」等
  3. 《協議派遣事業》
     青色申告会への「税理士の派遣事業」

これらの事業は、税理士が対外的にアピールするための重要な役割を担っています。

広報部

札幌北支部広報委員会では、主な事業として、北支部会員向けの広報誌「北風」を発行し、会務の報告や会員相互の情報を幅広く伝えることにより北支部会員の連帯意識の高揚に努めています。

税理士の社会貢献事業の一環として、主に小・中・高校や専門学校に講師を派遣し租税教室を開催していますが、当支部でも札幌五支部が共同で講師を派遣しており、その希望校や講師の割り振りなどを行っているほか、五支部合同で広報誌「税理士さっぽろ」の発行などを行っています。

第1部会

第1部会は札幌の中心部である札幌駅以北の北区を範囲としています。

地図上では、南北は北6条から北25条まで、東西は西1丁目から西16丁目の範囲となっていますが、このうち西5丁目以西の大部分は北海道大学・武蔵女子大学及び札幌工業高校等の敷地が占め、これらを除いた狭い範囲の中で第1部会76名の税理士が事務所を開いています。
しかし、この狭い地域には札幌駅、地下鉄北12条駅、北18条駅、北24条駅と4つの駅があり、バス路線も充実しており交通の便はすごく良く、税務署をはじめ各官庁への連絡もスムースに行えます。

このため、この地域は高層マンションとビルが多く、たくさんの企業が進出するオフィス街となっています。

私たち税理士は、税に関する専門家として納税者の立場に立って税務の代理申告や相談等を行っておりますので、税についてのお悩みや相談が必要な方は、駅やバス停を降りるとすぐ近くにいずれかの税理士事務所がありますので、気兼ねなくお立ち寄りください。

第1部会の税理士事務所所在地は、ホームページに記載されておりますので、是非参考にしてください。

第2部会

第2部会は、北区のうち北26条以北、石狩市、当別町、新篠津村の各地区に事務所を設置している会員で構成されています。

現在の72名(平成29年7月1日現在)です。(札幌北支部の31%位。)自宅兼事務所での営業をされている方が多いです。相続税法も変わり、わが家は関係ないと思っている方も、納税しなければならないかもしれません。

規模の大小は問いません。お近くの税理士に是非一度ご相談ください。

第3部会

当部会は、札幌市東区に事務所を登録している会員で構成しており、会員数は90名(平成29年7月1日現在)です。

会員構成は、若手からベテランまでバランスよく存在しており、部会会合や部会懇親会等、会務への参加も積極的に行われています。

個人及び法人の事業、不動産の賃貸・売買、相続贈与等、税金に関することはお気軽にお問い合わせください。

税に関する専門家である税理士が、きっとお役に立てることと思います。

 

ページの先頭へ▲