第一期 創業塾

この事業は、税理士が「社会に貢献する税理士」として、その専門的な知見を大いに発揮し、地域経済の活性化に向け、新たな企業家に税理士が得た知識・経験を伝えようと立ち上げたものです。

平成25年度においても、その開催に向けて準備を進めているところです。詳細が決まり次第、みなさまにお知らせしたいと思います。

平成24年度開催報告(平成24年7月5日~9月20日)

創業塾は、創業を志す方や創業間もない方が直面するであろうさまざまな課題や疑問を時系列的に解説していくという形式で、全6回シリーズで開催しました。

受講対象者は、学生、主婦、サラリーマン、シニア世代まで幅広く設定しました。
講師は、札幌北支部所属の若手税理士を中心に、一部労務関係について社会保険労務士の方にお願いしました。
税理士は、日常的に経営者と接していますから、その豊富な事例から失敗しない創業を統一テーマに企画しました。

「税理士制度」70周年記念事業 創業塾開催告知ポスター

第1回 創業の事前準備(創業に際してのチェックポイントを学ぶ)平成24年7月5日

  1. 経営理念はありますか
  2. 負けない土俵を選んでいますか
  3. 環境分析を行いましたか
  4. 自分の強み弱みを把握していますか(SWOT分析)
  5. マーケティングの本質を理解していますか
  6. 自己資金は用意していますか
  7. 資金計画の意味を理解していますか
  8. 利益の意味を理解していますか

第2回 自己資金と資金調達(利益計画と資金計画)平成24年7月19日

  1. 経営計画の意義
  2. 利益計画と資金計画(会社はいつ倒産するか)
  3. 財務諸表の見方(貸借対照表と損益計算書の重要項目、損益分岐点)
  4. 経営計画の立案(収支予定表の作成)
  5. 創業時の資金調達

第3回 創業の具体的な手続き(法人か個人事業か)平成24年8月9日

  1. 個人事業と法人の創業手続き
  2. 青色申告制度とは
  3. 個人事業と法人の税金について
  4. 個人事業か法人か(それぞれのメイリッとデメリット)

第4回 労務管理(社員の入社手続きと助成金)平成24年8月23日

  1. 労務関係の各種制度について(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)
  2. 人を雇用した場合の責任と社会保険の事業主負担について
  3. 人を雇用した場合の労務手続きについて
  4. 労働諸法令について
  5. 助成金の活用について(創業にあたって活用できる助成金)

第5回 会計・経営(記帳の重要性と予算管理)平成24年9月6日

  1. 会計業務の必要性
  2. 書類の分類と整理のコツ
  3. 会計と経理って何ですか(グループディスカッション)
  4. 例題を使った貸借対照表・損益計算書の作成
  5. 予算管理って何ですか(損益分岐点の変動費と固定費の分類)

第6回 決算・税務(決算のあらましと税務申告)平成24年9月20日

  1. 決算とは
  2. 税務申告とは
  3. 税金の種類と税率
  4. 作成する書類と提出先(個人事業・法人)
  5. 税務上の届出とその他の届出
  6. 決算・税務申告のスケジュール
  7. 決算時にする作業と税務申告時にする作業
  8. 決算・税務申告時の3つの視点
  9. 電子申告
  10. 電子納税

 

ページの先頭へ▲